川上ゆうに聞く~今更聞けないあんなことやこんなこと

ホーム > アンソリットトーク > 川上ゆうに聞く~今更聞けないあんなことやこんなこと

川上ゆう~人呼んで「SMの女王」とかSM専属女優。コケティツシュな魅力と抜群の演技力、そしてSM作品で見せる凄艶な顔。

ここでは久しぶりのプライベート感覚で、SMプレイに没頭できたという『「TIDE UP」 BONDAGE LIFE VOL.1』(発売中)撮影終了後のインタビューをお届けしたい。奥深いSMの魅力に取りつかれた川上ゆうさんに、改めて「SMと緊縛についての想い」を語っていただいた。

P9092050S.jpg

まさか足で踏まれるとは思わなかった

 

―川上さんにとっても久しぶりのプライベートSMジャンルの作品『TIDE UP ボンデージライフvol.1』が発売されました。監督は大洋図書会長の小出英二氏なんですが、久しぶりのコラボレーションになったと思います。調べると10年ぶりの作品になるんですね。小出氏の責めっぷりはいかがでしたか?

ゆう:以前から予想もしないことをやってこられるのが会長(株式会社大洋図書の会長職)の技だなと思っています。元々、「こういうことをやりますよ」っていうのは用紙に書いて下さるんですけど、始まると私の気持の入れ具合とか、「こうされたい」っていう気持ちを読んで、違う方向の責めへと持っていくんですよね。そのやりとりが楽しいです。

―今回のプレイで印象的なところとか、アプローチを変えてこられたところとかはありましたか?

ゆう:まさか足で踏まれるとは思わなかったなぁ!(笑)

でも、スゴくいいことだなって思ったのは、10年くらい前の作品 『私的撮影』のときは、すごく緊張感があったんですよ。初対面の方に縛ってもらって、しかも会社のエラい方なので…。すごい緊張だったんですよ。

でも、月日を経て、お食事をしたり、一緒に話す機会も増えて、勝手なんですけど、ある程度ちょっと近くに感じる部分も出てきたんですよ。だからハードなプレイというのは、すごく受け入れ態勢で私はできました。

―オール・ウエルカム…なんでもこーい!みたいな感じですか?

ゆう:そう。何が来ても受けられた姿勢ですね。それは嬉しかったんです。「近くなったことかな」っていう。踏まれる、ぐちゃぐちゃにされるっていうのはそういうことだと思います。

―顔を踏まれるのってすごく屈辱的な行為ですよね。それを受け入れられるだけの親近感、ヒトとの距離を縮めることができるってことだと思うのですが、そういうことの上にSMっていうのは成立するということなんでしょうか?

ゆう:そういう事だと思うんですよね。信頼関係というか、うーん、相手のことを信頼しないとそこまでのことは出来ないですから。顔を踏む、というのも最初から聞いていたわけではないんですけど、きても全然大丈夫な姿勢でしたね。

―足で踏まれただけではなく、「顔責め」もありましたけど…。川上さんにとって顔責めはどんな印象なんでしょうか?

ゆう:いやですね(笑)。

だって、きれいにお化粧して頂いた顔をぐちゃぐちゃにするわけですから…。すごいイヤな分、それを解いてくれた時に、なんかこう…すべて良いよっていう合図じゃないですけど、そうなるかな…きれいに飾ることではないというか。真の自分のM心を生み出してくれたような瞬間が有るんです。

―先ほどの「信頼」と共通するのかもしれませんが、やはり相手は選びますよね。

ゆう:そうですね。それは大きく分かれると思いますね。顔をいじられている間に気持ちがどんどん変わってきて、化粧崩れとかつけまつげを気にしたりはするんですけど…。

徐々にそれが無くなってきて、いじられてる部分が陰部みたいな感じがしてくるんですよ。めくって欲しくないところをめくられて、口の中に手を入れられれば濡れてるじゃないですか?なんとなくオ○ンコみたいな感じの箇所をクチュクチュいじられてるような感覚におちいる瞬間があるんですよね。

―顔全体が性器になってくるような?

ゆう:そうなんですよね。

―深いですね…。例えるならだいたい鼻のあたりがクリトリスとか

ゆう:そうですね(笑)。

P9091018S.jpg

―失礼を承知で極上の変態と呼ばせていただきます。変態といえば川上さんはファン層に女性も多いですが、いわゆるファンにも「変態チック」な方が多いそうですが、そういったファンが多いのはご存知ですか?

ゆう:そうですね…もちろんプレイ相手の方、パートナーと一緒にサイン会に来てくれた人もいるし、そういう方が私を好いてくれるのはわかってますし、嬉しいことです。

―どうも、そういうファンの方からすると「変態」というものをわかってくれているのが川上さん。この人は自分たちの理解者である…みたいな心理も働くそうですが、そのあたりどう思われますか?

ゆう:えー本当、嬉しいですねえ!

―そういうのを意識されてる部分はありますか?

ゆう:意識してるってことは無いんですけど、自分の中に変態性っていうのはすごくあって、それが表に出た時にファンの方は喜んでくれてるって思うんですよね。演技的なところだと、過去に例えば電流責めがありました、鼻責めでイクことができましたっていう経験を実際にしているんですけど、その感情とか演技力をコピーするというか演技に活かしてる部分は有ります。

最近だと実際に電流責めって今は映像的に不可能なんですよね。その分、演技でやらなければならないシーンの時は、過去の演技を思い出す、悲鳴を思い出す、それで表現するっていうのはやりましたね。

 

おしっこの匂いに興奮した少女時代

 

―川上さんの「変態的」なルーツに興味がわいてくるのですが、意識されたのっていつぐらいでしょうか?

ゆう:ちょうどこうオナニーを覚えかけた頃なんですけど、12歳くらいだから、小学校6年生の頃ですね。

―それはまずどんなことから気がついたんでしょうか?

ゆう:母親が週に3回くらい、自宅で絵のデッサン教室を開いていたんです。生徒さんが5人くらいのものですけど。で、授業中はそこの部屋を通らないとトイレに行けなかったんですよ。で、トイレに行くには毎回生徒さんに会うわけで、当然挨拶をしないといけない。で、繰り返してると挨拶をするのが疲れちゃうんですよ。

また行かなきゃいけないか…でも催してるしどうしようって時にビニール袋にしたんですよ。たまたまゴミ箱の中にあったスーパーのビニール袋なんですけど、それを取って、この中にしちゃおうと。

で、それを後で捨てにいくんです。それを繰り返しているうちに、おしっこの匂いが興奮してくる匂いに変わったんですよね。おしっこの匂いを嗅ぎながらオナニーしちゃったりとか(笑)。それはいけない、いけない、絶対いけない!と思いながらオナニーしてました。

―その時点で「あれ、変だぞ」とは思わないけど、後から考えるとそれが変態性の発芽だったのでしょうか

ゆう:たぶんそうだと思いますね。その後、人がおしっこしてる姿に興奮したりとか、どんどん増えてきたんで…。

―川上さんにとっておしっこというのはキーワードだったんですね。

ゆう:キーワードでした。うん。

―そのキーワードは今でもありますか?

ゆう:今でも、なんか、おもらしができるんであれば(笑)してみたい。フツーに歩いていて顔は平然としてるんだけど、下はびしょびしょみないなのが興奮するんですよ、なんか。

 実はね、電車の中で何回かおしっこをしたことがあるんですよ。就職してたのでたぶん20歳か21歳ぐらいですね。アダルトのお仕事やりながら働いていた時期があって、その頃はフツーに電車勤務で、帰りにジーパンはいて、上にトレンチコートを着て。下に水たまりが出来ていくんですけど、それにすごく興奮したのを覚えてるんです。いけないことなんで、書いていただいていいのかどうか分からないけど…。

―貴重なお話をありがとうございます!。でも、水たまり…って誰かに気づかれたら大変…。あ、かえってそういうのが興奮しちゃうのかな。

ゆう:そうなんですよ。それを平然な顔して家に帰っていくっていう(笑)。汚しちゃいけないものとか、おしっこのシミとか色が出やすいベージュのトレンチとか、デニムってわかりづらいですけど。

あと、普段あまり履かない高級な靴を履いてとか、そうすると余計に興奮するんですよ。なんか(笑)、汚しちゃいけないのに…バレちゃうかもしれない…とか。なんか変わってたんですよね。

―うーん、このまま変態談義を続けたいのですが、時間もないので…。川上さんにとって変態って一言でいってなんでしょう?

ゆう:ええー…一言で…なんだろう?

変態と言うキーワードは、まず『恥ずかしいこと』だと思ってます。で、絶対数が少ない。みんながみんなそうだよねっていうものでは無いと思ってますね。

―川上さんなら変態を極められると思います!

ゆう:私はまだまだ、だと思うんで(笑)。そんな極めているつもりは無いので、これからも勉強しますって感じです。

―では、まだまだ変態を卒業する気は…

ゆう:ないです(笑)。

恥ずかしい瞬間を体験できた自縛体験

―えっと、勢いで変態性の話になってしまいましたが、川上さんといえばSM、SMといえば川上さんというファンは多いと思います。今回の作品はタイトルにもボンデージと冠しています。本来は拘束状態を示す英語だそうですが…。川上さんにとってボンデージってどんなイメージがありますか?

ゆう:ボンデージって拘束着…かな。ボンデージっていうのは普段、着たことが無くて、撮影で着させて頂いたのが初めてなんですね。だから私の中では衣装だったり、SMの女王様が着ているボンデージのイメージが強くて。

だから今おっしゃった、拘束感とか拘束というのは今知ったようなものですね。

P9091643S.jpg

―プライベートでボンデージを着てみたいとは思われますか?

ゆう:それはありますね。自分の身体に合わせて作ったものが一番拘束感が有るっていうのが自分でもわかるので(笑)。はい是非作ってみたいです。

―ボンデージって本来は拘束=身動きが出来ない状態なわけですが、自分で自分を身動きを取れないようにするのは恍惚感とか陶酔感というのは想像できたりしますか?

ゆう:はい。私は部屋で自分を縄で縛ったことがあるんですよ。その最中にね「何をやってるんだろう?」っていう瞬間(笑)、恥ずかしい瞬間を味わいながらやってたことがあるんですよ。

私の場合はSMの「和」の代表に近い縄でしたけど、それが洋の代表なのがボンデージなのかなって思いますけど。

―それ自縛ですよね

ゆう:はい、自縛。

―なんでまた自分で自分を縛ってみたんですか?

ゆう:なんか…縛りのパートナーがいなかったんですよ(笑)、その時。AV女優をやりながらプライベートでもそれを楽しんだ時期があって、パートナー探しをしてたんですよ。でもなかなかいらっしゃらなくて…。

でもどうしてもSMをやりたい。ちょっとハアハアしたいって時に、縄が3本あれば大丈夫だって、どこかで聞いたことがあるんで(笑)。それで3本買って、くくりつけましたね

―それをやってる途中でふと我に返る…と。

ゆう:なにやってるんだろう?って(笑)。それをやってる時間が楽しいというか、興奮する材料になりますね。ベッドでやってるんですけど、私の妄想の中では玄関を開けっ放しでやってるんですよ。きっとそこを誰かが通りかかったりとか、向こうのビルから誰かが見ているイメージでオナニーもしてました。

―頭の中で妄想をかき立てることがものすごい大切なんですね。

ゆう:と、思うんですけどね、はい。

―川上さんにとってはやってる場所は自室かもしれないけど、頭の中ではここは玄関なんだと。

ゆう:そうそう(笑)

―もうすぐ夕食時でそこを通ったサラリーマンが気づいちゃったらどうしよう…みたいな。

ゆう:そうそう!

―そういう妄想をかき立てながらやることが大切なんですね。

ゆう:そうなんですよ

―先ほどの「変態性」と同じ質問かもしれませんが、ご自分にSM的な嗜好があると分かったきっかけは何でしたか?

ゆう:SMっていうキーワードがあるっていうのは高校を卒業したくらいにそういう雑誌を読んで、緊縛とか、羞恥プレイとか、そう言う写真は見たことがあったんですよ。

SMプレイらしい縄があって、縛られてるっていうのはアダルトの世界に入って初めて体験したことですね。森野雫という名前で4年くらい活動してたんですけど、その最後の方で、SMというジャンルの作品に出たんですね。その時に「もっとやりたいな」って思ったんですよ。今の自分、きっかけを作ってくれる作品でもあるんですけど。

―現在に比べるとまだソフトSMでした?

ゆう:はい、ソフトですね。その頃はSMはNGで通してたんです。その作品で縛ってくれた男優さんは、今でもお会いすることがあるんですけど、なんていうのかな、「縄がシュッとでもなく、うまく真っすぐあたるようにさわーっさわーってやったんだよ、あれは」っていわれましたね。

当時使ってたオレンジ色の蝋燭。ご存知のように低温の蝋燭だと思うんですけど、それでプレイして、熱い、熱い、言ってましたから、ビビりにビビってやったプレイなんですけど(笑)、それがきっかけですね。

―でも終わってみたら「まだいけるかな?」って思った。

ゆう:そんな感じです。

―森野から、川上ゆうに変わって、記憶だと2007年ごろから川上さんが本格的にAVでの「SM」「緊縛」への出演が増えていったというか、どこかのめりこみはじめた印象があるのですが、ご自身ではどう思われますか?

ゆう:そうですね、今の名前の川上ゆうになって復帰した作品もSMでデビューしましたし、2007年頃は、SMでのオファーが多かったですね。

―川上ゆうという名前に変わってからSMのハードさがアップしたのが割と早かった印象があるんですが、きっかけは?

ゆう:今、一緒に組んでお仕事をしている魁さんとお仕事するようになってこういう作品が増えたってのはひとつ有りますね。きっかけを作ってくれたのも魁さんですし。

森野雫時代の作品で特典映像の監督さんで来られたのが魁さんなんですよ。今は無いですけど、縄会のような会があるからよければおいでって言われて、「ああ!行きたいです」って(笑)。

P9091026S.jpg

脳の中まで犯されてみたいと思っていた

 

―よく「SMって終りが無い」っていうお話を聞くんですが、終りの無いものっていうのを自分は面白いなあって思われるようになってみて、どこまでやってみようと思われますか。

 

ゆう:私も本当は、脳の中まで犯されるくらいやってみたいって思ってたんです。けど…いろいろ経験されてる方にお話を伺うと、そこまですると生活に支障が出るとか、自分の意志が無くなるとか聞かされて、ちょっとコワくなりましたね。

なので私は、このアダルトの世界でSMをやらせていただいて、それで良かったのかもしれないって思いました。いまだにちょっとやってみたいですけどね(笑)。

もうちょっと、もうちょっとって中毒性が有るのがSMなのかもしれないですけど。

 

―演じるうえで『縛られ女郎 おゆう』といった作品、いわゆるドラマ仕立てでハードなSMプレイが有るもの。

それと今回の『TIDE UP ボンデージライフvol.1』といったドキュメントタッチな作品で気持ちの上で異なることはあるのでしょうか?

ゆう:そうですね、どちらも感情は私の中では入れてるんですけど、入りやすさは、『TIDE UP ボンデージライフvol.1』みたいな作品のほうが台詞を気にしないで、素の自分でプレイできるという意味ではスイッチが入りやすいですね。

ドラマは台詞などで細かくカットを切っていくので、一つ一つに感情を入れていくのにオンオフが有るんですよ。それを繋げていくことが非常に難しいのですけど、深い部分で自分の本心を出しやすいのはドキュメントだと思ってます。

―AV、プライベート問わずですが、これまでのSMプレイで印象に残っているものがあれば教えてください。例えば、気持ちよかったこと、逆にコレはもう向いてないと思うものとかでいいのですが。

ゆう:なんだろう…

―例えば浣腸とか有りますよね。排便とかあってもそれを塗ることはでき無いとかあると思うんですよね。

ゆう:私は…そうですね。経験が無いですね

―プレイでもここまではすごく気持ちいいけど、これを超えたらはだめみたいなものとかってどうでしょう?

ゆう:確かに今の浣腸シーンとか、ガマンにガマンして出ちゃう、でも出ちゃうものが汚くて人に見られたくないその羞恥、プレイはすごく感じるんですけど、それを何かしたりっていうのは覚めるかなあ…。

―ということはやっぱり川上さん的には、おしっこをガマンして漏らしちゃうのもそうですけど、ガマンにガマンして、頭の中的にも肉体的にもパンパンになって、風船の針で突かれて破裂しちゃうような…。その瞬間がエクスタシーであって、その先をズルズルやられるのは好きじゃない、というか性に合って無いということなのでしょうか。

 

受け入れられちゃうというか……終わるのが淋しいっていうふうになってきちゃうんですよ

 

ゆう:そうですねえ(笑)。私にはそのプレイはあって無いと思います。今までやったプレイで印象に残っていると言えば、縛りって、ある程度、避けられたり、身動きが若干できたりするじゃないですか。

それができない大の字で縛られると、よじることすらできず顔の隠せない状態で後ろからムチで打たれた…なんてのは興奮したのを覚えてるんですよね。

―この状態で打たれてるのはいつまでなんだろうか、逆に永遠にたたいて欲しいのか、どちらなんでしょうね。

ゆう:私、最初はいつ終わるんだろうって思うんですよ。でも、段々なんとなくモノ化してくるというか、自分は打たれている人のモノ。だからノーとも言えない、イエスとも言えない、言葉を発せないモノみたいになってきた時には、あなたが気が済むまでというか、気持ち良いと思ってくれるならいつまででも大丈夫ですってなるんですよね。

受け入れられちゃうというか……終わるのが淋しいっていうふうになってきちゃうんですよ(微笑)。

―なんか、感動的なお応えですね。受け入れる器が大きい方かもしれないですよね。

ゆう:大きい方かもしれない…ですね、はい(笑)。

―感情のオンオフー先ほど「スイッチ」と言われてましたけど、そのスイッチは意識していれるのか、入っちゃうものなのか、どちらなんでしょうか。

ゆう:入っちゃう。自分でこう、入っちゃう方が楽なんで、気持ち的に和らぐし。でもその相手がいて、相手と一緒にスイッチを押すっていう感じですよね。

―だからやっぱりこう相性というか信頼できる人でないと自動的にスイッチが入らなくてツラくなるというか、それはSMでよくいわれる「信頼できるかどうか」とも繋がりますよね。

ゆう:そうだと思うんです。たぶん

―「緊縛」でスイッチが入ったときに、縄酔いに陥られたことがあると思います。川上さんにとって縄酔いってどんな感じなのでしょうか?また陥られたときは、二日酔いのように尾を引くものなのでしょうか?例えがべたなんですけど縄酔いっていうのがよく解らないので…すいません。

私もなんですよ(笑)。よく解らない。

最初、SMにハマったのが、素人さんの縛りをSMバーで見ていた時なんです。もう縛っただけでグデングデンになるんですよ。「これを縄酔いっていうんだよ」って周りの人がおっしゃってて「え、なんでこうなるの?」って思って。

なんで縄で縛られてあんなに涎が出るの?と思って、私もああなれるのかな…と思って入った世界でもあるんですね。でも自分自身でどれが酔ってるのか判らないんですよ。

―例えばやってる時は判らなくても、映像を見て、「もしかしてこれが縄酔いだったのかな」というのはありますか?

ゆう:そうですね。あったりもします。本気でスイッチが入っちゃってるってのはそう思いますね。

―酔いっていうくらいだからあとで、尾を引くちょっと危ないものなのかもしれませんね。

―危ないと思いますね。やっぱり意識とかグデングデンになっちゃうんで、下手すれば神経に触れた時に防御する力も入れないわけなんで、危ない行為だと思いますね。

―逆に言うと川上さんは、そこまで危険なレベルまでは、今まで組まれた方も持っていきはしなかったってことなんですね。

―そうですねえ、どうなんだろう…。

一言で縄酔いに括られちゃってるからあれなんですけど、私は縄酔いして無いと思っていても、それを見て縄酔いしているよっていう人もいると思うんですよ。だから難しいですね。

―世間の人が縄酔いって言ってることを、川上さん自身としてはまだ…

ゆう:経験はして無い気がする。

―巷では川上さんは「SM女王」という別称もあるくらい、SMに関しての表現力はずば抜けたものがあると思います。川上さん個人にとっての「SM」とはどのようなものなのでしょうか? また、女優として、見てくれるユーザーにとってSMを通して伝えたいことなどあるのでしょうか?

ゆう:私にとってSMは隠しておきたいこと。もちろんDVDになっていっぱい出てるんですけど、私の中では秘密にしておきたい、とっておきのプレイだったりしますね。

だから比べちゃいけないんですけど、他のアダルトとは気持の入り方が違うかもしれないです。

SMを見てくれる人に向けて…そうですね。なんだろうな…もちろん全身全霊でぶつかって演技しているのは見て頂きたいんですけど、それとは別に、きっといろんな事を思ってくれると思うんですよ。「川上さんってかわいそう、こんなことされて」とか、「このシーンはよがっていて気持良さそうだな」という新たな自分を発見してくださる一つがSMだと思うので、いろんな見方で私を見て、楽しんで頂きたいと思います。

―最後に最新作『TIDE UP ボンデージライフvol.1』の見所など聞かせてください。

ゆう:この作品は本当に言葉が無い、会話するシーンが無いんですよ。殆どが独り言で、一人で演技するシーンが多いんですけど、それが単調にならないように、見てる方が飽きないように自分でも心がけたんですよ。言葉はないんだけど、私の行動とか表情だったりとか、どうしたいっていう、表現みたいなのを見てもらいたいですね。けっこうじっくり撮ってるんですよ。縛りのシーンでも足元から頭の先までとか、全部が緊張した、シーンとした中で撮影したので、その艶かしい動きとか音とかを見てもらいたいですね。

01122145_58777a5dead91.jpg                 

「TIDE UP」BONDAGE LIFE vol.1

定価(税抜) \7.020  ⇒ \5.616